シート式

「地震」それはいつ起きるかはっきりと予測のできない災害です。 その「地震」によって本来人命を守るために設置されている防煙垂壁のガラスが破損した場合、二次災害を招く恐れがあります。
今回新しい防煙垂壁の開発にあたって、防煙機能とともに追求したものは、「軽量」「破損しない」「美観」この3点です。
透明の新開発不燃シート(国交省不燃認定品)を使用することにより、従来数多く使用されています線入りガラスとの重量比約85%ダウンとなる大幅な軽量化を達成(1500×495サイズ比較)。
ガラスクロスシート(厚さ0.18mm~0.3mm)とアルミ材によって構成された破損しない構造。
シートの多少のたるみを取り去る「テンション調整ホール」を備えた枠構造。新設はもちろんリニューアルにも是非ご検討下さい。


テンション式

「地震」それはいつ起きるかはっきりと予測のできない災害です。 その「地震」によって本来人命を守るために設置されている防煙垂壁のガラスが破損した場合、二次災害を招く恐れがあります。
今回新しい防煙垂壁の開発にあたって、防煙機能とともに追求したものは、「軽量」「破損しない」「美観」この3点です。
シートの両サイドにバネ式テンション器具を取り付けることにより、従来の垂壁にあったシール目地や帆立などが無く、1枚で継ぎ目無くスッキリと設置することが出来ます。
もちろん両サイドの器具に装着されています「衝撃吸収バネ」によって建物の空間変異を吸収出来る構造になっています。
市販のロールタイプの不燃シートであればいずれも簡単に施工出来ます。新設はもちろんリニューアルにもご検討下さい。


お問い合せ ご注文はこちら